MissionControlICON.jpg
< Mission Control ICON Yosemiteデザイン>

「Yosemite」のデザインは本当にシンプルになりましたね。


Mac OS X
仮想デスクトップ」操作方法の情報共有です。


Mac OS X が「Leopard」から「Lion」になったときに、
仮想デスクトップの操作方法が変わっています。

Leopardのときには「Spaces」という機能だったと思います。

仮想デスクトップは、
最新OS「Yosemite」でも、もちろん引き継がれています。
 
 


仮想デスクトップを追加する方法


  • [F3]キーで Mission Control 起動

ショートカットキー:[control]+[↑]

F3_Mission Control起動キー.png

システム環境設定で変更していなければ、
デフォルトでは[F3]キーに割り当てられているはずです。
アイコンから起動する場合はこのアイコンです。
Mission Control ICON.jpg
<OS X Lion デザイン>


  • optionキー押下で右上に+ボタンが出現、
    +ボタンでデスクトップを追加、×ボタンで仮想デスクトップを削除

マウスカーソルを画面右上に持って行っても、+ボタンが出現します。
Mission Control画面.png
<私のMacでは既に2つ追加しています。>


デスクトップピクチャもそれぞれ設定できます。
それぞれのデスクトップに異なるデスクトップピクチャを設定しておけば、視認性も高まり使いやすくなるのではないでしょうか。



デスクトップの切り替え方


  • 「Mission Control」から切り替える

「Mission Control」を起動し、画面上部のデスクトップリストから切り替えたい仮想デスクトップをクリックして切り替えることができます。
Mission Control画面-1.png


  • キーボードショートカットで切り替える

[control]+[←]/[→]で、隣の仮想デスクトップに切り替えが可能

[control]+[数字キー]で、特定の仮想デスクトップに切り替えが可能

・[control]+[1] → デスクトップ1
・[control]+[2] → デスクトップ2
・[control]+[3] → デスクトップ3

これは従来の「Spaces」の操作方法と同じですね。
システム環境設定キーボード.png
「Mission Control」の起動も含め、デスクトップの切り替え操作は、システム環境設定「キーボード」のショートカット設定で、各種操作のショートカットが割り当てられています。

切り替えは滑らかです。
私はこんな動きが小気味いいと感じています。
このアニメーション動作が煩わしく感じる方もいるようですが、
私はAppleらしくて好きです。
さすがApple!(^_-)-☆


あとがき


この他にも、まだ小技や操作方法などがあるようです。
自分にあった操作方法を見つけて、充実したMacライフを!

別記事で、「アプリウィンドウを仮想デスクトップ間で移動する操作方法」を紹介しています。

仮想デスクトップを使用している方は、こちらも参照ください。
>>Mac OS X Lion アプリウィンドウを仮想デスクトップ間で移動する操作方法

【参考記事】
>>Mac OS X LionのMission Controlを便利に使う7つのTips | Macin' Blog



当ブログの中で「はてなブックマーク」の
人気の記事になりました!


Mac OS X Lion 仮想デスクトップを管理する「Mission Control」 はてなブックマーク - Mac OS X Lion 仮想デスクトップを管理する「Mission Control」

ブックマークしてくださったみなさま、
ありがとうございます。
m(o^ω^o)m








スポンサード・リンク